介護業界は将来性がある?!介護職への転職と介護資格

今は介護業界で働くチャンスです

介護が必要な高齢者はこの先も増えることが予想されており、介護業界の伸びしろはまだまだあるでしょう。しかし、介護業界は低賃金・重労働で離職率が高い業界と言われており、慢性的な人手不足の状態が続いています。確かに、高齢者の身体介護サービスは肉体的負担は大きく、仕事内容の割には給料を安く感じるかもしれません。ただ、介護職は無資格でも働き始めることができる、参入しやすい仕事の一つです。さらに、介護業界でのキャリアアップの方法は明確で、一定以上の実務経験と上位の介護資格を取得していくことで誰でも上を目指すことができます。もちろんキャリアが上がれば給料アップも見込め、自分に合った労働環境で働ける可能性も上がります。

無資格でも働けるけれど介護の資格は必要?!

前述したとおり、介護職は無資格でも働き始めることができます。介護の現場を体験したい人やまだ長期的に介護業界で働くかは決めていないけれど興味がある人、将来の親の介護のために技術を習得しておきたい人は、無資格で働いていても良いでしょう。しかし、介護業界でキャリアアップを目指すには介護資格の取得が必須です。また、介護施設で介護福祉士の管理下で働く場合は無資格でも就業できますが、訪問介護事業所のホームヘルパーとして働く場合は介護資格の取得が必須です。介護職には介護資格無資格ではできない介護サービスもあり、全ての介護サービスを基本的に一人で提供しなければならないホームヘルパーは介護資格有資格者でなければ就業できないのです。

医療事務の講座は、スクールへ通う方法以外に自宅で学ぶ方法も存在するため、自分に合ったスタイルで学べます。