介護業界で働くために必要な基本的な介護の資格とは?!

まずは初任者研修資格の取得を目指そう!

介護の仕事の中には無資格でできるものもありますが、できる仕事の幅を広げるために介護資格の取得を目指す人はたくさんいます。介護資格を取得すれば、多くの介護の現場で提供されている身体介護サービスの提供ができるようになります。そのため各企業も介護資格有資格者の採用を求めており、介護資格を取得しておけば就職や転職にも有利になります。それでは介護資格にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、介護資格の中で最も基本的なものが初任者研修資格になります。初任者研修資格は指定の講座を受講することで取得できます。スクーリングを行う必要もありますが回数はそれほど多くなく、前職在職中に介護業界に転職活動を考えている人でも、仕事をしながら資格取得を目指すことができるでしょう。初任者研修資格を取得しておくだけでも介護資格無資格者との差は大きく開きますので、介護業界で働きたい人は資格取得を検討してみても良いと思います。

ランクアップして実務者研修資格の取得に挑戦!

初任者研修資格の上位資格として存在するのが、実務者研修資格です。実務者研修資格を取得すれば、介護の現場で活用できる医療制度や医療ケアの知識を学ぶことができます。しかし、初任者研修資格と比べ、スクーリングの回数がかなり必要になります。前職在職中の取得にはかなり苦労することが予想されます。その分実務者研修資格取得者の需要は高く、就職・転職先の選択肢が広がるなどのメリットもあります。より良い環境で働きたい人は、実務者研修資格の取得をお勧めします。

基本情報技術者の試験は、春と秋に実施される国家試験です。ITの基本知識が出題される初心者向けの内容になっています。