こんなにあった!賢く相続するための対策は3つ

相続は早いうちから対策しておこう

相続とはある人が亡くなったときに、遺族に財産を引き継ぐことです。賢く相続するには事前に支払う税金を安くしておくなどの対策を取ることが必要です。トラブルを未然に防ぐためにも早いうちから相続対策をとっておくようにしましょう。

支払う税金を安くする方法【節税対策】

相続の対策をしようと思ったら、まず相続税そのものを安くしようと思いますよね。相続税を減らすにはいくつか方法がありますが、最も利用されているのが生前贈与です。年間110万円までは贈与税がかからず、また特別な目的がある場合は非課税となることも。

また、不動産を購入するなどして財産の価値を下げたり、養子縁組をしたりすることでも相続税を安くすることに繋がる場合があります。

税金を支払う資金を用意しておく【納税資金対策】

財産を相続しても相続財産が現金などではなかった場合、資金が足りず相続税が納められない、なんてことも。そのため、相続時に納税するお金を準備しておくことも大切です。そのためには、生命保険がよく利用されます。

また、空き地など使っていない資産があるなら売却するなどして納税資金を増やしておくのもいいでしょう。ただし、利益が出たら所得税を支払う必要があるので注意が必要です。

遺族同士で争わずに財産を分ける【遺産分割対策】

場合によっては相続対策の中でもっとも重要なのが、この遺産分割対策。相続では兄弟姉妹などで争いが起き、その後の関係にまで影響してしまうことが少なからずあります。生前から対策を行うことでそれを防ぐことができます。誰にどの資産を引き継ぐかあらかじめ決めておいたり、先に贈与しておいたりするといいでしょう。

相続税の税理士を神奈川で探す場合には、インターネットを利用して神奈川に事務所を構えている税理士を探すようにした方が良いです。