ペット保険には使い方により2種類の方式がある

窓口で全額払いして後で請求する方法が多い

ペット保険を提供している会社の数は多いものの、人間用の健康保険に慣れていると違和感を感じる人も多いでしょう。なぜなら、一旦窓口で全額支払いをしてから、後で保険金を請求する方式が一般的だからです。背景には、無制限に支払いが行われないように保険金が下りる場合を限定した運用がされている影響があります。免責事項が多く、掛け金に対して実際に受けられる保証内容は一定の範囲に留まるので、契約約款を詳しく読んだ上で保険金請求をしなければ、意味が無くなってしまうでしょう。特に問題となるのは、窓口で一旦全額払いするペット保険では、自分で保険金請求を行わなければならないために、事務作業にミスが発生しやすく保険金請求に失敗する可能性があることです。

窓口で自己負担分だけ払えば良いペット保険もある

一部の大手ペット保険では、ペットの写真付き保険証が交付されるので、動物病院が対応していれば窓口でペット保険証を提示することにより自己負担分のみを支払えば済みます。保証内容として50%プランと70%プランから選択する方式が一般的ですから、窓口負担額は総額の50%または30%です。窓口で全額払いする場合とは異なり、重症化する前に手軽にペットを動物病院へ連れて行けるようになるでしょう。最も高評価が得られているのは、対応している動物病院ならば、保険金請求を動物病院側が行ってくれることです。動物病院にとっては毎日多数の来院があるので、事務手続きはまとめて行えば大したことはありません。何よりペット保険に加入している人が顧客となってくれるメリットが大きいです。

ペット保険の見積もりを取ってみましょう。もしもの時に備えていれば安心を手に入れることが出来ます。様々な補償がありますが、納得のいくプランを選ぶことが大切です。