国の制度だが金融機関選びが大事!どこに重点を置くのがいい?

利用する金融機関選びが重要になる

銀行や証券会社、保険会社などの金融機関があります。通常はどの会社も自由に利用できます。ある銀行で口座を持っていても、他の銀行でも口座が作れます。証券会社も保険会社も同様です。しかし、一回作るとその他で作れなかったり、変更するのが面倒になるパターンも知っておきましょう。個人型確定拠出年金では、特定の金融機関で制度の利用の申し込みをします。作れるのは特定の金融機関一つなので、一度作るとその金融機関にしか拠出ができません。一応他の金融機関に変更や移換ができます。しかし、非常に面倒くさく、コストがかかります。変更すると、せっかくのお得な仕組みが台無しになります。最初が肝心と言えるので、利用するならしっかり選ぶ方がいいでしょう。

選択できる商品かサポート力で選ぶか

銀行や証券会社には、実店舗のあるところとネットにしか支店がないところがあります。実店舗があるところだと、窓口などに相談ができます。ネットにしか支店がないところは、基本的には相談ができません。電話やメールなどを通じてになります。じっくり話し合いたい相談は難しいかもしれません。個人型確定拠出年金を利用するとき、金融機関の選択をします。まず重要なのは、積み立てたい商品があるかどうかでしょう。商品がたくさんあるところが良いといえます。それ以外にサポート力も重要になります。相談に乗ってくれるところも捨てがたいといえます。一番いいのはどちらもある金融機関でしょう。その他コスト面で有利な金融機関を選ぶ方法もあります。

個人型確定拠出年金とは、2001年から始まった確定拠出年金の一種類です。このほかの種類として、企業型確定拠出年金があります。