コピーペーストが楽!!強制終了対策もばっちり!

右や下に同じデータをコピーできる裏技

エクセルで、あるセルの値を他にコピーするとき、コピーアンドペーストを行います。右クリックでコピーを選びコピーしたい値を選択します。後はコピー先を指定して貼り付けるだけです。貼り付けるときは一つのセルでもいいですし複数のセルを選択してもできます。これが当たり前と思っていると、別の方法を知ったときにびっくりするかもしれません。同じデータを右や下に連続したいときの方法として、Ctrlとキーを組み合わせるショートカットの技があります。下にコピーするときはD、右にコピーするときはRです。コピー元のデータとコピーしたい範囲を指定して後はCtrlとDやRを入力すると、指定した範囲すべてに元のデータが入力されます。コピーアンドペーストよりも簡単に行えます。

頻繁に強制終了対策をするのに便利な技

エクセルを使っていると、強制終了画面が表示されるときがあります。この画面が表示されると、その後の操作は一切できません。もちろん保存もできません。強制終了すると、その前に保存した状態に戻ります。朝に作業を始めて夕方に強制終了が出ると、これまで入力したデータがすべて水の泡になってしまいます。それを防ぐには適宜上書き保存をするとよいとされています。ファイルを選択すると上書き保存が出てくるのでそれをクリックすれば一応はできます。作業の途中にいちいちこれをするのは面倒です。もっと簡単に上書き保存できる方法があります。それはCtrlとSを一緒に使う方法です。これならデータ入力の合間に適度に上書き保存ができるので、いつ強制終了になっても困りません。

CADのスクールでは、専門講師による丁寧な指導が行われているため、初心者でもスムーズに学びながらスキルアップを図れます。